SIDE MENU


elline.netを検索 Google検索
  • ブラックライトアート
  • EL製品
  • ヒカッちょる
  • ぷりっくま
  • リンク
  • サイトマップ

PR

EL製品

ヒカッちょる

ぷりっくま

お問い合わせ電話番号

お問い合わせメールフォーム

お問い合わせ

お知らせ

現在、弊社「エル・ライン」宛に SNSサービス「LINE®」に関するお問い合わせを多数いただいておりますが、弊社は「LINE 株式会社」とは一切関係がございませんので、お問い合わせをいただいてもご返答いたしかねます。


新着情報

■ 本社移転のお知らせ

本社を神奈川県大和市(現所在地)に移転しました

■ 皆生温泉 ブラックライト絵巻 その後

ギャラリーページに「皆生温泉 ブラックライト絵巻 その後」を新設いたしました。
作画から約2年経った状態がご覧いただけます。

■ 現在の作業風景

ギャラリーページに「現在(直近)の現場風景」コーナーを設けました。
随時更新してまいりますので、ご興味のある方は要チェックです!!!

■ 第二弾企画

ヒカッちょる」の販売を開始いたしました。
ヒカッちょる」は、ケイエスケイ社と弊社代表の多々良との共同で実用新案登録した素材を使用した「安全効果」「省エネ効果」「視認効果」「温暖化抑制効果」の期待できる商品で、急な停電時の緊急補助照明としてご利用いただけます。

■ 第一弾企画

ぷりっくま」を商品化。販売を開始いたしました。
ぷりっくま」は弊社が注目する新商材「EL」を採用した商品で、弊社は今後、ELやLEDといった低電力・小型・薄型に適した素材を使用した企画商品部門や、屋内・屋外を問わないELやブラックライトアートなどのアイキャッチ部門を中心に、お客様が笑顔と感動できる商品の企画・制作に力を注いでまいります。


ご挨拶


株式会社 エル・ラインのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
代表取締役を務める多々良正悟(たたら しょうご)と申します。

代表取締役

弊社は「EL製品ぷりっくま等)」「ブラックライトアート」「蓄光製品(ヒカッちょる等)」「LED製品」「内外装施工」「各種装飾・デザイン」を中心に取り扱う企画制作会社として立ち上がり、企業スローガンとして「ワクワクする商品を創造する」を掲げ、皆様に楽しんでいただけるよう邁進してまいります。

まだ生まれたばかりの小さな会社ではございますが、株式会社 エル・ラインをよろしくお願いいたします。

2011年2月1日
代表取締役 多々良 正悟

■ 代表プロフィール

年度

内容

愛媛県松山市出身

1987年

上京、デザイン専門学校へ

1993年

コンピュータロボット(壁面吹付ロボット)のオペレータ 兼 企画室長

1995年

エアブラシによる発光アート製作会社に入社

1998年

独立しデザイン企画制作をメインとした活動を開始
(フリーのアーティストとして日本全国で活動)

2000年

「N夜光(ルミノーバ)」の応用開発に携わる

2008年

EL研究開発を開始

2009年

有限会社 ケイエスケイ と共同で「装飾用発光体」の実用新案登録を取得
(実用新案登録 第3150461号)【参考1】【参考2】

2011年

株式会社 エル・ラインを設立


■ 代表の主な作品

No.

内容

1

岩手県花巻市「未来都市銀河地球鉄道」の壁(15m×50m)へブラックライトアートを作画

2

桂由美 ウェディングドレスへブラックライトアートを作画
(東京帝国ホテル)

3

岩手県釜石市「駅前橋上市場(サン・フィッシュ釜石)」の壁へブラックライトアートを作画

4

伊豆急アルファリゾート21ロイヤルボックス(グリーン車両)へブラックライトアートを作画

5

南紀白浜アドベンチャーワールド 海獣館の通路・壁へブラックライトアートを作画

6

ル・マン24レーシングカーへの作画

7

横浜みなとみらい「ダンゼロ」の壁へブラックライトアートを作画

8

パーティールームの装飾企画・制作「帝国ホテル、プリンス富士屋など多数」

9

鳥取県米子市「皆生温泉海岸遊歩道(古代王国ナギサプロムナード)」にて、路上へのブラックライトアートを作画

10

桂由美 ウェディングドレスへブラックライトアートを作画
(ニューヨークにて発表)

11

桂由美 ウェディングドレスへブラックライトアートを作画
(シンガポールにて発表)

12

京都橘大学にて「ブラックライトアートの魅力」というテーマで講義

13

桂由美 ウェディングドレスへブラックライトアートを作画
(パリにて発表)

14

桂由美 ウェディングドレスへブラックライトアート3部作「ニューヨーク」「シンガポール」「パリ」が東京・両国国技館にて発表

上記以外にも多数作品がございます。
詳しくはコチラのページをご覧ください。

お問い合わせ電話番号

お問い合わせメールフォーム